2014年1月30日 (木曜日)

勉強。

先週末に国家試験があった関係で、

 
知り合いで受験した人から自己採点の結果などが届いています。
 
 
僕は僕で、今年の問題を暇なときに見ています。
 
施設で職員の資格取得へのバックアップをする動きもあり、
手伝うようにとの話もあるので、
ちょっと本気で解いてみなければならないなと考えているところです。
 
 
現所属がどうであっても、
そういった資格取得支援の活動は細々でも個人的であってもやっていきたい、との思いがあります。
 
 
大学生の頃は「大学創る」なんて吹いていたんだから。
 
 
でも「教員向き」と言われると素直には喜べない自分もあり。
現場に居ることを否定された気がしてね。そういう意図は無くても。
そんな卑屈な自分を卒業することが先でしょうね。
 
 
 
少し、他の人の研修レポートを手伝わせてもらう機会が最近あって、
何科目か勉強をしたんですが、
学ぶことは正直楽しいです。
 
 
楽しく実になる勉強を続けていきます。

2006年8月17日 (木曜日)

福祉住環境コーディネーター

家に帰って郵便受けを見たら 東京商工会議所 からお手紙。

今年の1月にはハガキ(端から剥がすやつ)で来ていたのが

今回は封書!!! やったね!!

 

というのが、そろそろ先月受験した

 

福祉住環境コーディネーター(2級)の結果発送予定日

 

だったからなのです。

 

つまり

ハガキ → 「サクラチル」

封書  → 「サクラサク」  な訳です。

 

今回2回目の受験にしてめでたく合格できました。

僕は元々老人福祉の現場にいた人間なので

社会福祉士・介護福祉士・介護支援専門員 の

資格は持っており、特に住環境コーディネーターにこだわる

必要は無いといえば無いんだけど、

“福祉のまちづくり”について学んでいた瞬間も過去にはあったし、

将来的にも福祉用具のこととか住宅改修については

知識を持っておきたいと思っていたのもあり。

 

あと死んだばあちゃんが

生きている限り学ぶことに終わりは無い」と

壁に自書の紙切れを貼っていたことも思い出したりして…。

 

そんなこんなで今夏2回目のチャレンジ。

一番のモチベーションでありプレッシャーは

妻からの

「お金が余分にかかってんだから、3回目は絶対に受けさせない!」

の一言であったことは間違いありません。

 

確かに

(今現在資格取得に向けて猛勉強中の方には悪いのですが、誤解を恐れずに)

お金になる資格ではないんです、今んとこ。

福祉系の資格はまだまだ多くの収入に結びついては来ないんですが

特に住環境コーディネーターは新しい資格ということもあって

認知度がまだイマイチ → つまり儲かりはしないわけです。

でも福祉と建築両方に関わる知識を勉強できるし、

これから注目(のはず!)です。

ただ今は福祉系あるいは建築系の資格+α っていう感じです。

履歴書にあれば「おぉ、持ってんだ(そういうことも知ってるのね)」

というイメージを先方に与えることが出来る(かな?)

 

詳細は東京商工会議所のHPにて↓

http://www.kentei.org/fukushi/

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ