2016年11月 5日 (土曜日)

パレード。

今日はリーグ優勝記念のパレードの日。

 

昨晩、家に帰った深夜から、すでに場所取りしていた人たちがチラホラ。

 

やっぱスゴイことなんだなと実感しつつ、

今朝になったらもっと人は増えていて、

でもまあ近所だから近くなってから見に行きゃいいやと思っていたら、

早くから場所取りしていた近所の方から呼び出しがかかり、

結局最前列で見させていただきました。

 

1歳の頃に行われた、前回のパレードは勿論記憶にはなく、

監督・スタッフ・選手たちを間近に見て興奮したわけですが、

やっと優勝を実感できたというか。

今年の快進撃を、なかなか我が事に出来なかった自分が居て、

スゴイことやっちゃったんだなと、やっと腹に落ちた気がします。

 

「野球よりも、カープが好き」が自論の僕は、

最近のカープ女子ブームが自分の中で乗り切れず、

サッカーも応援する中で、

両チームのスタンスを比較する目も養われてきました。

イマイチ、カープと距離をとってきたところがありました。

実際(チケットが取れないこともあって)3年は観戦していませんし。

 

だけど今日選手たちを目の前にして、思わず叫んでいましたし、

パレードが終わって自宅でテレビを観ていて、

黒田選手のマウンドに対する姿に目頭が熱くなりました。

 

僕の中には、カープが棲んでいる。

 

それは紛れもなく、真実。

 

来年は応援に行こう。

厳しい目で見ながら、日本一を願おう。

2016年10月15日 (土曜日)

進出決定。

ついに日本シリーズへ。

 

今日は午前中に次男坊の試合応援にはいきましたが、

午後は部活帰りの長男と二人。

テレビで瞬間を見届けたかったんだけど、

夕方から塾の模試があるとかで、

テレビが点いていると邪魔になるということで、ラジオで。

最後だけテレビを点けました。

 

いや、でも、考えてみれば、

数年前に最下位争いを演じていた2チームが、この舞台に。

そう思うと、感慨深い。

 

さあ、1週間後にまた。

頂目指す旅が始まります。

この1週間は、やきもきしなくて済むので、

少し落ち着いて仕事でもさせてもらおうと思っています。

2016年9月10日 (土曜日)

四半世紀。

あまりに長かった25年。

 

カープ、ありがとう!おめでとう!

 

最後の最後まで、この瞬間が来るのが信じられず、

 

マジックが出ても、いつ落ちてしまうのかと。

 

時間の長さは、信じられなくしてしまう。そうなんですね。

 

でも、良かった。嬉しい。

 

ありがとー!

 

 

今週は、しんどいこと続きで、

気持ち的に乗り切れなかったけれど、

 

今日はムリくりに休みもらって

子どものポケモンGOに付き合って歩き疲れたけれど

 

 

全部吹っ飛ぶ。

 

それが、カープ優勝!!!

2015年10月 7日 (水曜日)

シーズン終了。

終わりました。

 
残念ながらCS進出ならず。
 
 
巷の盛り上がりに、あまのじゃくが顔を出して、
表立ってはバックアップできませんでしたが、
心根はやはりカープ。
 
勝ち負けにほくそ笑んだり、ひそかに悔しがったり。
 
 
どうにか先へ進んでほしいと願っていましたが、
願い叶わずです。
 
 
進出不可の報は、
残業中に宿直のおじさんが教えてくれました。
 
 
事務所に居た皆、ため息。
 
 
 
それにしても、
一チームの勝ち負けで老若男女が反応できるって、
やっぱすごいこと。
 
カープとこの街って、スペシャルな関係を感じます。
 
どこに行っても、おばあちゃんでも子どもでも気にしてる。
 
仕事の上で助けられたことも。
話題の提供という意味で。
僕も仕事忘れて語ってしまうのですが。
 
 
それだけに、まっこと残念。
 
 
こき下ろすんだけど、嫌いにはなれないなあ。
 
 
来年に期待!
 
鯉ナインに、お疲れ様を。

2014年12月27日 (土曜日)

この決断。

朝から驚きました。

 
同僚からメールを受けて復帰の事実を知りましたが、
寝坊した寝呆け眼で朝刊を二度読みしてしまいました。
 
 
毎秋のオファーが風物詩と化していたように感じ、
願ってはいたものの、実現はしないだろうと。
ただ、エースが海を渡る前に、一年でも一緒にやってほしい。
その思いだけは抱いていました。
でも、諦めていた気持ちが9割以上。
 
 
叶いました。
 
 
常識で、というかフツーに頭で計算すれば、
その答えは出て来ない。
 
 
彼の、あくまで誠実に物事に当たろうとする信念は、
どんなに巨額なお金でもブレないということ。
 
あまりに人間の器が大きすぎて、圧倒されるしかない。
 
 
カープファンでホントに良かった、と。
 
 
通勤電車の中で、若い女性も話題にしていました。
 
そりゃそうでしょ。
 
 
 
もし、移籍するオファーがあって、
古巣から月額40万、別のところから破格の好条件で200万を提示されたら…
 
そんなことを想像しました。
 
 
ニュースで涙腺が熱くなるのは初めてかも。
 
 
ちょっとマジで来年が楽しみになってきました。
応援に行かねば!
 
 
黒田投手、ありがとう!

2014年10月12日 (日曜日)

今季終了。

今日は休日出勤でした。

辞めた職員さんの穴埋めで、
皆で代わり番こで送迎等々の業務にあたっており、
僕の当番が今日でした。

日曜だったので、出入りも殆ど無く、
事務仕事に勤しむ一日となりました。

お供にラジオ…

気になる、クライマックスシリーズを聴きながら。



残念でした。

悔しいなあ。


カープ女子のブームを冷ややかに見てた身として、
冷静に分析しても、
厳しいとはわかっていたけど、

やっぱ気持ちが乗っかってしまって、

どうしても勝って欲しくなる。


あと少しのところで、欲しい結果に届かないシーズンでした。


まだまだ、ということなのでしょう。


ただ、負けグセ、負け犬根性からは脱却しつつあります。

もう一歩。

この一歩は長いけど、
届くはず。


今季は観に行けなかったので、来年は是非。


野村監督、お疲れ様でした。
選手・スタッフの皆さん、今年もありがとう。
来年こそ!

2013年10月 3日 (木曜日)

狙い絞って振り抜け。

「ピッチャーゴロ」を最後にバットを置きます。


前田智徳 背番号1


リアルには観れませんでしたが、
ケータイからのお知らせで知りました。



彼は、その名前を口にするだけで
心が熱くなる、
そんな数少ないアスリートでした。

僕にとって。


彼観たさに球場に足を運び、
一挙手一投足に歓声あげ、
その歴史を語り、
打席に立てば過大に期待して、
し過ぎるくらい期待して、
大いに落胆することも多くて、
でもまた次に期待して、
入念なストレッチについて息子たちに語り、
存在感を感じて、
ずっと応援して来ました。

51番から31番、そして1番の彼を。

二コ上の彼を、
父に連れて行ってもらった市民球場で高校生時分に観てからずっと、
応援して来ました。


この街を離れて都会でカープに声援を送った頃は、
他球団ファンの友人たちへの誇りが、
我がチームに彼が居ることであり、
羨ましがられたものでした。


家族の会話にも度々のぼった彼の話題。
然程野球に詳しくない母と
「彼はどんな女性と結婚するんだろう」
なんて話したことも覚えています。



自分の中でも存在が大きく、
とても整理できないし、
去ることへの空虚感はしばらくありそうです。


個人的に会ったことなんてないのに、
不思議なものです。


「孤高」などと称されますが、
ただただ真っ直ぐな、
ひたむきだった野球人生だったんじゃないかと。

一ファンは思う訳です。

だから惹かれたんでしょう。



今宵は彼の言葉を噛み締めたいと思います。


24年間、お疲れさまでした。

ありがとうございました。

2013年9月25日 (水曜日)

進出決定!!!

ついに念願のAクラス決めました。


初のクライマックスシリーズへ。


CSは制度が出来て十年にもなりませんが、

もう16年も前のことなのですね。思えば。
上三つにやっと入れました。


ホントうれしいなあ。


不甲斐ない試合展開。
毎年お馴染みの夏場失速。納得の補強はされず。


それでも春が来ると過剰に期待して。

盆明けから九月には有り得ない計算して。



弱いのも、お金ないのも
知っているけど、


僕らのカープ。



よくやってくれました。



ホンマうれしい。




さあ、これからだ。

日本シリーズ進出に向け、

日本一に向けて。



何で出来たかとか戦力分析は二の次でいいや。

今宵だけは。



喜びの中で眠りたい。

2013年6月23日 (日曜日)

逆転サヨナラ。

今日は久々の野球観戦。

去年は一回も行かなかったので、
二年ぶり、というのかしらん。

前職のある職員さんから
「餞別代わりに」といただいたチケット。

天気予報を気にしながら
待ち望んだ当日。


ひさしぶりに足を踏み入れたスタジアムは、
やっぱワクワクしました。

お金持ってないのに、
うどんとか買っちゃいました。

新しいところもあったので
ゆっくり見たかったけど、
今回は子どもたちも結構まともに応援してたんで
うれしいことに試合に集中できました。



結果は…若きプリンスの逆転サヨナラツーランホームランで幕切れ。

先発したエースの調子がイマイチだったので
フラストレーションがずんずん溜まっていきましたが、
最後の最後で!

子どもたちも楽しかったみたい。


僕自身はサヨナラホームラン実際に観たのは二本目でしょうか。


嬉しかったなぁ。

プリンスの評価、僕の中であまり高くなかったんですが、
今日ちょっと上がったかも。



それにしても、
帰りに次男坊がプリンスのユニフォームがどうしても欲しくなってしまい、
なだめたり叱ったりしながらの帰途も
結構疲れました…


そんな効果は別に良かったんだけど。堂林君。

2012年11月 4日 (日曜日)

シーズン総括。

昨日のジャイアンツ日本一で、
今年のプロ野球が終わりました。


カープのクライマックスシリーズ出場を願って、
あえて願かけでここでは一切触れませんでしたが、

全ての結果が出たので、
解禁です。


15年連続のBクラスとなってしまったことは最も悔しく思うところです。

あと少しのところまで来て手に届かなかったことが、
例年にも増してフラストレーションを大きくさせてくれました。


経験の浅さがこの結果を生んだのでしょうか。

確かに地力の差はあると思います。
しかし、プロである以上、
結果が全てですし、
今年のチャンスは掴むべきだったと思います。

万年Bクラスの負け犬根性がそうさせたんでしょうか。



「結局やっぱダメじゃん。所詮…何も変わらない」

と思わせてしまった。



人を失望させることの悔しさ、悲しさ、情けなさ。


僕にもよくわかります。



生きてる価値さえ見つけられなくなる。




僕はとにかくがんばる。


そして来年もカープを暖かく、熱く、応援する。



シーズンの中で、
今年応援してきた河内投手の8年ぶりの勝利が一番うれしいことでした。

石井琢郎さんの引退は寂しかったけど、
まさかのコーチ就任、ご家族で転居してまでとは。



来月まではサッカーをしっかり応援して、

また来年、カープの栄冠を切に願って、
応援することにしましょう。

より以前の記事一覧

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ